シドル

映画と写真と音楽と日常と自分
ネタバレ注意報発動中
写真・文章の無断転載等禁止

Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Category
Entry
Archive
Comment
Trackback
Other


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
皆違って、皆良い
他人の映画の感想を読んだり聞いたりするのが、そんなに好きじゃなかった。

他人がどう思うかは関係ない。
自分がどう思うかが一番重要。

映画は十人観れば十人それぞれ感想が違って、傑作と言う人もいれば、駄作と言う人もいる。
その自由さが好きだ。
今でもその考えは変わってない。

でも最近、映画の感想・評価をしているサイトを見るようになった。
我ながら変わったなぁと思う。
前までは映画の批評サイトなんて毛嫌いしてたのに。
どんな感想を読んでも自分の思うところは変わらないし揺らがないけど、こういう考えを持つ人もいるんだと違った面から映画を捉えることができるのが、面白いと思うようになった。

今、今更だけど、自分の中で、映画が熱い。

//

倏い瓩箸言っておきながらアレですが、『恋空』はどうかと思っていたわけです。
話題のケータイ小説(個人的にこの表記がもう嫌。せめて携帯小説にして欲しい)が原作で、もちろん読んでないけど、犂尭悪瓩離好函璽蝓爾CMから想像出来るし。

ネタバレが嫌なので、観ていない映画の感想は「ネタバレなし」と書いてあっても読まないんですが、恋空は観る気ないっていうかもし今後観ることがあってもすでに話わかってるからいいやーという感じなので、破壊屋さんの恋空の感想を拝見させて頂きました。

こんなにネタに溢れている映画はそうそうないですね。
本当にツッコミが的確だと思います。いや、映画は観てないけど。

あと恋空よりもだいぶ前に話題になって、漫画か何かでチラッと見たことがあるDeep Love アユの物語も相当パンチのある映画のようで、ケータイ小説は期待を裏切らないことが証明されました。

もっと映画化すべき小説が、世の中にたくさんあると思います。
| 雑記 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |









http://3105.jugem.jp/trackback/97